北海道で冬キャンができるキャンプ場おすすめ20選!

冬キャンプ




サムネイル画像出典:https://skywardplus.jal.co.jp/

目次

広告

苫小牧・白老エリアの通年営業・冬キャンプができるキャンプ場

1.【オートリゾート苫小牧アルテン】冬キャンプもできる高規格キャンプ場

オートリゾート苫小牧アルテン

出典:https://camp-quests.com/18072/

苫小牧にある北海道で一番の広さを誇るキャンプ場です!

苫小牧は北海道の中でも雪が少ないので、「オートリゾート苫小牧アルテン」で冬キャンプをする人がかなり多いです!

オートリゾート苫小牧アルテン

出典:https://camp-quests.com/18072/

オートサイトもキャンピングカーサイト、グループキャンプに適したサイトもありますし、

コテージも簡易的なコテージから、設備の整ったものまで、人数や用途に合わせて選べます!

 

 

基本情報

住所:北海道苫小牧市字樽前421-4

電話:0144-67-2222

料金:[キャンプサイト]3,150円~[コテージ]9,000円~

チェックイン / アウト:12:30~17:00 / 11:00

 

 

 

2.【ブウベツの森キャンプ場(白老)】ウポポイも近いし観光もしやすい

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAKA(@taka_ezo_camp)がシェアした投稿

2020年7月に白老にオープンした新しいキャンプ場です!

 

白老町にある大西林業がキャンプ場を作り上げており、プロの木こりが林業で培った技術を存分に活かして手作りしました!

 

ブウベツの森キャンプ場(白老)

オートサイト7区画・ペット同伴可能のオートサイト2区画・フリーサイト20組と小さなキャンプ場で、静かに広々と使えるのが魅力ですね!

 

ウポポイ(民族共生象徴空間)も10分程度と近いので観光もできますよ(*^-^*)

 

 

基本情報

電話番号:08040443388

住所:北海道白老郡白老町字石山110-2

アクセス:道央自動車道・白老ICより車で約10分。白老駅から道道86号線経由で西へ約4km。

 

 

3.【白老キャンプフィールドASOBUBA】ハンモックサイトやワイルドキャンプサイトなど初心者から上級者まで楽しめる

 

白老町に2020年7月オープンした「白老キャンプフィールドASOBUBA(あそぶば)」!

元々は「しらおい森野オートキャンプ場」でしたが2017年に閉鎖したところを再建してのオープンです。

ハンモックを気にかけれるハンモックサイトがあったり、ワイルドなキャンプがしたい人におすすめな川の横の岩がゴツゴツあるサイトまで、キャンプ初心者から上級者まで楽しめるキャンプ場になっています!

 

2020年度は冬季は営業していなかったのですが、2021年度は冬季も営業するようです!

基本情報

住所 :北海道白老郡白老町森野98-1

入場料:大人(中学生以上)2,000円/子供(小学生)1,000円

サイト利用料:フリーサイト 無料 / オートサイト 2,000円 /ビッグオートサイト 4,000円 / ハンモックサイト 2,000円 / キャニオンファイブ: 2,000円 /ワイルドキャンプサイト 1,000円

チェックイン: 夏季(4月〜10月):12:30〜18:00 / 冬季(11月〜3月):12:30〜17:00
チェックアウト :11:00まで

実際にASOBUBAにキャンプしたときの記事はこちら↓

 

4.【ファミリーパーク追分オートキャンプ場】冬キャンプもできて広々ゆったり過ごせる

ファミリーパーク追分オートキャンプ場

出典:https://camp-quests.com/

 

札幌中心部からは高速道路を使って1時間ほどでつく「追分オートキャンプ場」!

通年営業していて、冬キャンプもとても人気なキャンプ場です!

 

芝のオートサイトはめちぇめちゃ広くて、シーズン中でも割と好きな場所にとめれます

キャンプ場のどこでも車で入れるので穴場を探すのも楽しいかも♪

 

ドッグランサイトもあるのでワンちゃん連れにもうれしいポイントです

 

 

基本情報


住所:勇払郡安平町追分旭648番地

電話番号: 0145-25-3480

利用期間: 年中無休

チェックイン:11:00~/アウト11:00

 

札幌近郊エリアの通年営業・冬キャンプができるキャンプ場

5.【札幌市定山渓自然の村】市内で冬キャンプも貴重なキャンプ場できる!

札幌市定山渓自然の村

出典:https://www.jalan.net/

 

札幌中心部から1時間ほどにある「定山渓自然の村」!

設備は整っており、通年営業で札幌圏内で冬キャンプもできることでとっても人気があります♪

モンゴルのゲルのようなテントハウスもあって宿泊もできますよ!

 

キャンプ場利用料も割安で使いやすい場所です

 

基本情報

営業期間:通年営業

住所:北海道札幌市南区定山渓

施設タイプ:ロッジ・ログハウス・コテージ/区画サイト/ツリーハウス・その他

アクセス案内:札樽自動車道・新川ICより35km、車で約50分。

駐車場:利用者用駐車場あり(サイト内へ乗り入れ不可)

自由にお酒を楽しめるホテル『定山渓商店』!精肉店だけあって焼肉は最高です

2020年2月8日

【定山渓 翠山亭】静かにゆっくりと癒される大人な温泉宿

2020年8月18日
エクスクラメーションベーカリー

【エクスクラメーションベーカリー】定山渓温泉に足湯もあるベーカリーカフェがオープン!

2021年5月17日

【雨ノ日と雪ノ日】天気が悪いと嬉しくなる!?定山渓でジェラートとピザを楽しみましょう

2020年10月8日

 

6.ワンダーランドサッポロ キャンプ場

 

サバイバルゲームができる施設「ワンダーランドサッポロ」に2020年にキャンプ場がオープン!

 

Takibiサイトは直火が楽しめ、Karamatuサイトはハンモック、Sakuraサイトでは冬の冬キャンプが楽しめます。

 

基本情報

住所:北海道札幌市西区福井478番地

営業期間:通年

チェックイン:13:00~/チェックアウト:10:00

公式サイト:ワンダーランドサッポロ

予約受付:011-661-5355

 

7.メイプルパークゴルフ場・RVパーク(恵庭)

基本情報

住所:北海道恵庭市西島松576番地1

営業期間:12月~3月

チェックイン:12:00~/チェックアウト:11:00

公式サイト:メイプルパークゴルフ場

 

広告

ニセコエリアの通年営業・冬キャンプができるキャンプ場

8.【ニセコサヒナキャンプ場(蘭越)】森の中で直火ができて、冬キャンプもできちゃう大人気キャンプ場

ニセコサヒナキャンプ場

 

ニセコエリアにある大人気のキャンプ場が「ニセコサヒナキャンプ場」!

最低限の区画整備で森の中に自然の木で区切られたテントサイトが点々としているんです!

周りのテントの様子はほとんど見えず、ほんとに木々に囲まれた森の中でキャンプができるのがアウトドア好きにはたまりません(*^-^*)

 

また、珍しく直火での焚火がOKとなっているのもここの魅力の一つでしょう!

 

フリーサイトもオートサイトも数は少ないので、電話予約は必須ですよ!

 

基本情報


住所:北海道磯谷郡蘭越町湯里224-19

電話番号:0136-58-3465

営業期間:通年営業

施設タイプ:バンガロー/フリーサイト/オートサイト

アクセス案内:道央自動車道・黒松内南ICより38km、車で約40分。

駐車場:利用者用駐車場あり(オートサイトのみ乗り入れ可能)

 

 

9.真狩焚き火キャンプ場

羊蹄山を間近に眺めながら冬キャンプができます!

トレーラーハウスやグランピングなどの様々な宿泊スタイルが用意されているので用途に合わせて利用できるのがいいですね!

 

基本情報

住所:北海道虻田郡真狩村社86-1

営業期間:通年※受付日は予約サイトを確認

チェックイン:14:30~ /チェックアウト:10:00

公式サイト:真狩焚き火キャンプ場

 

空知~旭川エリアの通年営業・冬キャンプができるキャンプ場

10.まあぶオートキャンプ場(深川)

深川の温泉のすぐ目の前にあるオートサイトのキャンプ場です!

歩いて温泉に入りに行けるのはうれしいですね!

 

基本情報

住所:北海道深川市音江町字音江459番地1

冬の営業期間:12月上旬~3月下旬/土日祝のみ・日祝はデイキャンのみ

チェックイン:13:00~18:00 /チェックアウト:11:00

公式サイト:まあぶオートキャンプ場

電話番号:0164-26-3000

 

 

 

11.エルム高原家族旅行村(赤平)

 

基本情報

住所:北海道赤平市幌岡町375番地1

営業期間:通年営業

チェックイン:13:00~/チェックアウト:11:00

公式サイト:エルム高原リゾート

電話番号:0125-34-2155

 

 

 

12.とうまスポーツランド(上川)

「とうまスポーツランド」というフィールドアスレチックが楽しめるアクティビティ施設にキャンプ場があります!

冬は冬キャンプができますし、夏場はアスレチックがあるので、子供連れにうれしいキャンプ場ですね(^-^)

 

 

基本情報

住所:北海道上川郡当麻町市街6区

冬の営業期間:1月中旬~3月中旬

チェックイン:13:00~17:00/チェックアウト:11:00

公式サイト:当麻観光協会

電話番号:0166-56-9020

 

 

13.アサヒの丘キャンプ場(東川町)

2015年7月に上川郡東川町にオープンしたキャンプ場です。

オーナーさんがコツコツ手作りで作り上げたキャンプ場で、テントサイト区画も広めです

アサヒだけを望む眺望が最高ですね!

フリーサイトとカーサイトがありますが、冬はカーサイトのみ利用可能です。

 

 

基本情報

住所:北海道上川郡東川町東9北3

営業期間:通年

チェックイン:13:00/チェックアウト:10:00

公式サイト:アサヒの丘キャンプ場

 

 

14.遊び小屋コニファー(清水町)

上川郡清水町にある隠れ家的な小さなオートキャンプ場です。

焚き火は直火で楽しむとができますし、サイト内には小川が流れていて飲み物を冷やしている人もいますよ。

 

基本情報

住所:北海道上川郡清水町字旭山2-56

営業期間:通年

公式サイト:遊び小屋コニファー

電話番号:090-1642-6418

 

 

15.焚き火キャンプ場 士別ペコラ

基本情報

 

住所:北海道士別市東4条21丁目473-103

営業期間:12月中旬~

チェックイン:14:00~ /チェックアウト:11:00

公式サイト:士別ペコラFacebook

 

16.鷹栖町パレットヒルズ

基本情報

住所:北海道上川郡鷹栖町17線8号

営業期間:12月1日~2月28日(年末年始等休業有り)

チェックイン:~16:00まで /チェックアウト:フリー

公式サイト:鷹栖町

 

 

17.層雲峡オートキャンプ場

基本情報

住所:北海道上川郡上川町清川

営業期間:2021年1月6日~3月14日※金・土・日・祝のみ営業。2/23(火祝)は除く。

チェックイン:13:00~21:00/チェックアウト:10:00

公式サイト:層雲峡オートキャンプ場

 

道東エリアの通年営業・冬キャンプができるキャンプ場

18.スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

国産の大人気キャンプギアメーカー「スノーピーク」が運営するキャンプ場です!

それだけあって「スノーピーク」のテントを張っている人が多いようです(笑)

 

 

基本情報

住所:北海道帯広市拓成町第2基線2-7

営業期間:通年

チェックイン:13:00~17:00/チェックアウト:11:00

公式サイト:十勝ポロシリキャンプフィールド

電話番号:0155-60-2000

 

 

19.【芽室町】めむろ新嵐山スカイパークキャンプフィールド

 

基本情報

住所:北海道河西郡芽室町中美生2線42

営業期間: 7/18~9/30(変更あり)

利用料金: 2名2食付き18,820円〜

電話番号: 0155-65-2121

公式HP :国民宿舎 新嵐山荘グランピング

 

道南エリアの通年営業・冬キャンプができるキャンプ場

20.BEYOND VILLAGE(ビヤンドビレッジ)

道南エリアでは唯一の冬キャンプができるキャンプ場になります!

 

基本情報

住所:北海道亀田郡七飯町字大沼町158

営業期間:通年営業

チェックイン:13:00~/チェックアウト:11:00

公式サイト:ビヤンドビレッジ