【プランテーション】森彦の巨大焙煎工場は大人の隠れ家的カフェだった!




森彦は札幌を代表するカフェ、コーヒーショップです。

 札幌にしかないので是非札幌に来た時は森彦によってみるといいと思います。

そんな森彦のプロデュースするカフェは札幌市内に7店舗くらいあります。

今回いってきたのは札幌の白石区にあるプランテーションというお店です。

倉庫のような見た目で店内もコーヒーの焙煎工場となっていて大人の隠れ家のようなそんな素敵なカフェになっています。

ではプランテーションを紹介していきます。

プランテーション(Plantation)の店舗情報

プランテーションは 札幌市白石区の菊水にあります。

最寄り駅としては 地下鉄東西線 菊水駅の4番出口から徒歩10分ほどの距離にあります。

 プランテーション にはお店の横に 8台分の駐車場があります。

地下鉄で来る人もいるので お店は満席でも 駐車場はギリギリ空いてることが多いです。

プランテーションはコーヒー豆の焙煎工場にカフェが併設された大人の秘密基地

プランテーションは 森彦系列店で販売する コーヒー豆を焙煎する工場であり、その工場にカフェが併設されたお店になっています。

築50年の工場を改装して 作られたので見た目は 工場そのものです。

内装は コーヒー豆の焙煎する工場にカフェを併設させているため 内装も 工場の雰囲気を感じさせます。

引用:https://s.tabelog.com/

 

こだわりの内装で大人の隠れ家

 お店の中に入ると 薄暗い照明で、シックでモダンな雰囲気があります。

一階部分はコーヒーやお菓子が売っているショップになっていて、カフェを利用した際の会計もこの1階でします。

 

2階がカフェスペースになっています。

引用:https://s.tabelog.com/

 カウンター席や ソファー席 がだいたい30席ちょっとぐらいあって、ソファーも柔らかいソファーだったり

硬い椅子だったり ソファーの高さも高いやつや低いものもあって、どの席にしようか迷ってしまいます。

席と隣の席との間隔は広めなので 周りのことを気にせずにくつろぐことができるのもとても良いポイントです。

一階では森彦のグッズやコーヒー豆を販売してます!

 1階は カフェの会計 にも使われますが ショップとしても 利用できます。

コーヒー豆や ドリップバッグ、クッキー、コーヒーメーカー なども販売されていて、お持ち帰りにとても良いなと思いました。

またお土産にも森彦コーヒーを買っていったらおしゃれなんじゃないかなとも思います。

【MORIHICO.STAY&COFFEE】菊水の森彦カフェでゆっくり読書でも

2020年4月25日

【アトリエモリヒコ】モーニングも夜カフェもできる森彦2号店はゆっくり時間が流れる大人なカフェ

2020年4月22日

プランテーション(Plantation)のメニュー

 

プランテーションブレンドとティラミスが人気

プランテーションブレンドは このお店でしか飲めない限定のブレンドコーヒーとなっていて とても人気です。

 酸味や苦味は少なめで 爽やかな飲み口となっているので、 フードやスイーツとの相性も抜群です。

 

スイーツは ティラミスがプランテーションの定番商品になってます。

甘さを抑えた ビターなケーキで、 お店に来てる多くの人がティラミスを注文してる様子が見えました。