【MORIHICO.STAY&COFFEE】菊水の森彦カフェでゆっくり読書でも

MORIHICO.STAY&COFFEEは、札幌市白石区菊水にある「森彦」のカフェです。

「HOTEL POTMUM」というドミトリータイプのホテルに併設されています。

 

「森彦」は古民家カフェや工場をリノベーションしたカフェなどお店ごとにコンセプトが異なるので

今回紹介する「MORIHICO.STAY&COFFEE」はどんなカフェなんでしょうか

 

【MORIHICO.STAY&COFFEE(モリヒコステイアンドコーヒー)】の店舗情報

「MORIHICO.STAY&COFFEE」は2017年6月に「森彦」の札幌市内7店舗目としてオープンしました。

 

「HOTEL POTMUM」というホテルの1階に併設されており、宿泊者は朝食として「MORIHICO」のパンやスープ、ドリンクを楽しむことができます。

アクセスとしては札幌市白石区菊水にあり、地下鉄東西線菊水駅からは歩いて3分ほどの距離なため徒歩で来店しやすいです。

駐車場はお店の横に3台分、お店の裏に9台分あり、計12台止められます。

お店の裏の駐車場は手前の交差店から曲がらないといけないので、案内をみてからじゃないとわからないかもしれないです。

地下鉄でくる人が多いので、私が車で行ったときに駐車できないことはなかったです。

 

【MORIHICO.STAY&COFFEE(モリヒコステイアンドコーヒー)】の店内

店内は5mは超えてそうな高い天井で開放感があってすごく広く感じます。

店内奥の壁は天井まである本棚になっていて、自由に本を読むことができます。

ほんの種類は旅行とかアウトドア関係のものがあり、市内の本屋さんにはなかなかない面白い本が多かったです。

席はカウンター席が5席ほど、テーブル席が25席ほど、ソファー席が6席ほどあります。

ソファー席は座り心地がよくてお気に入りですが人気があるので、座れるないことが多いです。

ソファー席の横に薪ストーブがあり、雰囲気作りに一役買っています。

 

お店は全体的にアイアンと木を中心にしたインテリアが使われていてスタイリッシュで落ち着く空間です

このお洒落で落ち着く空間が「森彦」の人気の秘密ですよね

また、free Wi-Fiが完備されているためパソコン仕事をしている人も多くいます。

「森彦」の美味しいコーヒーを飲みながら仕事するってなんかいいですね

【アトリエモリヒコ】モーニングも夜カフェもできる森彦2号店はゆっくり時間が流れる大人なカフェ

2020年4月22日

【プランテーション】森彦の巨大焙煎工場は大人の隠れ家的カフェだった!

2020年4月11日

【MORIHICO.STAY&COFFEE(モリヒコステイアンドコーヒー)】のメニュー

「MORIHICO.STAY&COFFEE」は

7:30~10:00までモーニングで、

 

ランチメニューの時間は、平日は11:30~14:30、週末は11:30~16:00まで。

 

さらにディナーメニューは、17:30~20:00までとなっています。

夜はバーのようにお酒も提供されておつまみのメニューがあるので、夜カに来るのもいいですね

 

【MORIHICO.STAY&COFFEE】モーニングセットはを頂きました!

モーニングは7:30~10:00までです。

何回かこのお店に来ていますが、モーニングの時間で来るのは初めてだったので、モーニングセット注文しました。

モーニングセットは日替わりサンドイッチにドリンク・スープ付きで650円+税でお得感がすごいですね!

パンが2個ついていて、具材を自分で挟んでオリジナルサンドイッチにして食べるので楽しみながら食べれました!

ドリンクはソフトドリンクが飲み放題です

コーヒーとかは+280円で飲めますよ!

 

単品ドリンクの注文でもモーニングの時間のみ、ミニフォカッチャが無料になるモーニングサービスもあって嬉しいですね

 

店舗詳細

・住所/札幌市白石区菊水1条1丁目3−17

・電話/011-826-4501

・営業時間/7:30-23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)

・定休日/年中無休

・アクセス/地下鉄東西線「菊水駅」2番出口から徒歩3分くらい

・駐車場/あり