【グランメゾン東京】3話のあらすじと感想!!




【グランメゾン東京】3話のネタバレを含むので閲覧注意!

 

では、今回は【グランメゾン東京】2話のあらすじや感想、見どころを解説していきます。

【グランメゾン東京】第1話のあらすじ・感想

2019年10月23日

【グランメゾン東京】第2話の見どころと感想!!

2019年10月27日

【グランメゾン東京】3話のあらすじ

 

尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑んでいた。

しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。

 

そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、

農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。

 

最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。

 

ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。

 

そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。

 

「gaku」とは雲泥の差の食材を使い、どう料理を作るか…尾花は必死に向き合う。

 

しかし、迫り来る期日…ついにコンクールの日を迎えてしまう。

 

不利な状況でも「グランメゾン東京」は「gaku」に勝つことができるのか!?

出典https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/story/

 

【グランメゾン東京】2話の感想

https://twitter.com/sorasora032422/status/1190976468181905408

https://twitter.com/mlnhla_/status/1190976606757457920

 

【グランメゾン東京】ナッツ事件の犯人は平子?丹後?黒幕を考察

2019年10月24日

【グランメゾン東京】4話のあらすじ・予告

 

 














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です